ドルクスクラブ クワカブ飼育レポート

クワカブ関係のブログをまとめます!!

タイリクコーカサスくんが☆に…😭

こんにちは!

ドルクスクラブ ごんです!

いつもご覧いただきありがとうございます🙇‍♂️

 

我が家では、カブクワ達のブリードが最近多くなりつつあります✨️

 

その中で、エサ皿をモニタリングしていたタイリクコーカサスくんがとうとう☆になってしまいました…😇

f:id:neruro6:20231006121704j:image

⬆️2023年の6月頃に入荷したコーカサスくんです

 

最近まで元気だったんですが、ゼリーを食べなくなって来た途端、急に☆に…😭😭

 

コーカサスはフセツが欠けやすい種類で結構有名なんですが、フセツ欠けが無く、五体満足でお亡くなりに…。

 

これもエサ皿の効果でしょうか?

そろそろ寿命かな〜なんて思ってた矢先の出来事だったので、なかなかにショックでございます。

 

ただ、卵はいくつか取れてますので、この種を残していこうと思います!

 

幼虫がたくさん採れたら、SNSでプレゼント企画を行う予定です✨️

 

しばらく様子を見ていただけますと幸いです!

 

それでは皆さん、次回の更新までお待ちください🙇‍♂️

 

ではまた👋

 

⬇️BASEにてカブトムシ達を出品中です🙇‍♂️

エサ皿のモニタリング

こんにちは!

ドルクスクラブ ごんです!

最近中々更新出来ずにしておりました🙇‍♂️

 

というのも、忙しさにかまけていただけなんですが…

 

さて、期間が空いてる間に何をしていたかと言うと、用品の開発をしておりました👍

 

名付けて、寿命が伸びるエサ皿です!

 

ターゲットは、外国産の大型のカブクワに絞っていますが、オールマイティに対応できるはずです!

 

で、こちらが表題の用品ですf:id:neruro6:20231004193241j:image

このエサ皿を使って、我が家のタイリクコーカサスくんにモニタリングしてもらいました!

その様子がこちら⬇️

f:id:neruro6:20231004193336j:image

コーカサスはフセツが欠けやすいことで有名なんですが、このエサ皿を使うとフセツが欠けにくく、長寿命に貢献するものなんです👏

実際、エサ皿を使わずに、ケースに直接入れていた頃は、それはそれは暴れ回りまして…

飛んだり歩き回ったりでもう心配でした😭

エサ皿を置いたところ、大人しくなってくれたんですが、飛ぶことを忘れて後翅をしまい忘れてますね😂

ともあれ、開発したエサ皿はとりあえず成功といったところです!

またこのブログもどんどん更新して参ります!

 

今後ともよろしくお願いします🙇‍♂️

ではまた👋

 

エサ皿についてはネットショップにて販売中です⬇️

7/17 軽井沢エクシブ マルシェの感謝 &出店のお知らせ

こんにちは、ドルクスクラブ ごんです。

暑い日が続いておりますね。

熱中症は人だけじゃなく、カブトムシ達にもありますので気をつけましょう。

 

まずは7/17の軽井沢マルシェにお越しいただいた方、ありがとうございます!

展示用として飾っていたヘラクレスも大変子ども達には好評でした!

f:id:neruro6:20230721145305j:image

100均で購入した葉っぱで飾ってみましたがどうですかね?個人的には中々お気に入りです。

本当は人だかりが出来た時に写真を撮っておきたかったのですが、お客様の対応をしており、すっかり忘れておりました…。🙇‍♂️

このヘラクレス、実は途中で熱中症を起こして仮死状態になってしまいました…。

ドリンク療法で今は回復しましたが、可哀想な事をしてしまいましたね…

野外での出店ですので、次回からは気をつけます🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️

ごめんよ〜ヘラクレス

 

さて、エクシブ軽井沢様での出店の反響のおかげか、

8月にも出店することが決まりました!!

しかもチラシなども作ってくれるらしいです!!

嬉しい!!👏👏👏

 

また詳細が出ましたら改めて更新しますね。

出品する生体も紹介できたらな、と思います!

 

皆さんのお越しをお待ちしております。

 

ではまた👋

スマトラオオヒラタの飼育レポート

f:id:neruro6:20230710101609j:image

目次

こんにちは

ドルクスクラブ ごんです。

最近暑くなりましたね。いよいよ夏本番です。

高温になると、菌糸ビンの劣化が進んでしまうので、菌糸ビン飼育している方は暑さ対策に悩まされる日々を送ってるかと思います。

私自身も、22℃管理で管理しておりますが、ウチの設備上、中々キープ出来ずに悩んでおります。

近いうちに、部屋を借りてエアコン管理する予定があるので、それまでは我慢です!😂

さて、今回はスマトラオオヒラタの飼育レポートをまとめていきます。

100mm超えの大型が出たので、是非最後まで読んで頂ければ幸いです🙏

皆さんのご参考になればと思います✨️

 

BASEにて余品も出品しております。

そちらも見てみて下さいね!

 

1.スマトラオオヒラタクワガタの飼育レポート

スマトラオオヒラタクワガタの紹介

今回、紹介するスマトラオオヒラタクワガタ(以下、スマトラ)はこちらです。

f:id:neruro6:20230715183857j:image

 

正直に申しますと、管理はかな〜り適当でした。

それでも100mmを越したので、ポテンシャルは良い方だなと感じております。

 

産卵セットした日にちを失念しておりまして、セットからビンに投入までの記録がありませんが、飼育のご参考になれば、と思います。

 

2.スマトラオオヒラタの飼育レポート

では、レポートをまとめていきます。

 

血統背景

♂98.5mm 風神血統 新潟の昆虫ショップOZ様にて購入

︎︎ ♀記載なし(45mmほど)、ヤフオクにてkuni血統を購入

割り出し&1本目のビン投入  記載なし

余りの菌糸ビンを使用しました。恐らく2022年9月頃に割り出しをした記憶があり、ビンは神長きのこ園様のカンタケS8 1500ccを使用。

2令にて投入をしました。22℃にて管理

2022年11月22日 2本目に交換 55g 温度20℃に変更

使用したビンはDDA様のF-ZERO 2300ccです。

ビンの形も良し、菌糸の回り方もかなり良好のビンでした。

2022年12月〜'23年4月 18℃にて管理

2023年4月 20℃にて管理

2023年 5月  羽化確認

2023年 6月上旬  掘り出し

羽化体長  102.1mm

 

良いサイズが出ました。

菌糸ビンはほぼマット化しておりましたが、無理に交換してストレスを与えるのも良くないと判断して、約半年間、18~20℃にて管理をしました。

…というのも、オオクワガタと同じ温室に入れていたため、このような温度管理になりました。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は管理票を付けていないスマトラでしたが、2本返しで100mmを越しました。

管理票を付けたスマトラには、DDAの菌糸ビンではなく、北斗恵栽園の菌糸ビンを使用しましたが、イマイチ相性は良くなかったです(95mm程でした)。←諸説あり

不全も目立っていましたが、理由としては、恐らくは北斗恵栽園様のビンの形状によるものかと考えております。←これも諸説あり

北斗恵栽園製の菌糸ビンは蛹室の形状があまり良くなかったですが、DDA様の菌糸ビンは幅がある為か、良い蛹室を作ってくれました。

当時は、良い蛹室等の判断が出来なかったので、人工蛹室に移していいものか悩んだものです。

この判断が出来れば、北斗恵栽園様の菌糸ビンでも大型、完品を目指せると考えております。

まぁ、しばらくはF-ZEROを使いますかねぇ🤔

コメントどの菌糸ビンを使用しているか教えていただきますと幸いです。

 

機会があれば、良い蛹室、良くない蛹室をまとめていこうかなと思います。

ネタが多くて嬉しいねぇ☺️

 

ここまで読んでいただきありがとうございます!

お陰様で少しですが、スターをいただき嬉しいです!

では皆さん、良いクワカブライフを!

 

ではまた👋

 

↓使用したノギス

https://amzn.to/3rsqErV

 

軽井沢SDG'sマルシェ 出店のお知らせ

こんにちは、ドルクスクラブ ごんです。

今回はお店の出店が決まりましたのでお知らせです。

f:id:neruro6:20230713122726j:image

最近忙しさにかまけてブログの更新が出来ておらず、申し訳ございません🙏💦

さて、日にちや場所をお知らせします。

 

【開催日】

2023年 7月 17日 (月)

【時間】

8:00〜15:00

【会場】

グランドエクシブ軽井沢

〒389-0115
長野県北佐久郡軽井沢町大字追分字東かじか沢23-1
TEL: 0267-46-3331

本館1階 ラウンジテラス

 

皆さん、是非お越しくださいませ。👏

今回は、ヘラクレスヘラクレスを展示したいかなと思います。

また、スマトラオオヒラタや血統もののオオクワガタも出品予定です。

 

↓前回出店時の写真

f:id:neruro6:20230713122506j:image

前回もお陰様で反響がよく、楽しくお店をやらせていただきました✨️

今回も楽しく盛り上げていきますよ〜🔥

 

それでは皆さん、お待ちしております🙇‍♂️

 

ではまた👋

 

BASEにて出品もしております。

カブトムシの掘り出し

f:id:neruro6:20230705071352j:image

こんにちは、ドルクスクラブ ごんです。

7月にもなり、カブトムシが採れる季節となって参りました(地元の長野県は少し早いかな?)。

さて、今日はレポートなどのマジメ〜なまとめではなく、さらっとカブトムシを掘り出したものをまとめてみようかなと思います。

やっぱりカッコイイね、カブトムシ。

f:id:neruro6:20230705071546j:image

↑今回はお外で掘り出します。ウチはビンで個別飼育することが多いです。

f:id:neruro6:20230705071632j:image

↑おぉ見えますね。カッコイイ。

 

f:id:neruro6:20230705071705j:image

↑結構羽化しておりました。

f:id:neruro6:20230705071728j:image

↑とりあえず未後食なので、湿らせたティッシュ+ゼリーにて管理します。

f:id:neruro6:20230705071817j:image

↑大きいもので77mmupしておりました。管理が悪いから今年は80mm超えないかな〜😂

 

今回は10頭程掘り出しましたが、余品はお店の出店の際に出します!

形とかはお気に入りですので、良ければ皆さんも手に取って見に来ていただけたらなと思います✨️

 

お店の詳細はまた後日ですね🙏

 

それでは皆さん、良いクワガタライフを!

 

ではまた👋

オオクワガタの産卵セット・産卵方法

f:id:neruro6:20230702165657j:image

目次

 

こんにちは、ドルクスクラブ ごんです。

最近、忙しさにかまけてブログの更新を出来ずにおりました。

ピアニストのイグナツィ・ヤン・パデレフスキの言葉に「練習を一日休むと自分にわかる。二日休むと批評家にわかる。三日休むと聴衆にわかってしまう」という言葉があります。

万全の技術を身につけるには、忍耐力が必要という事らしいですね。

継続は力なり、といった言葉もあるように、技術を身につけるには、何事も続ける事が必要ですね。

ブログも更新を怠らず更新し続ければいつかは実になると信じて、これからも努めてまいります。

↑なんか難しい言葉を使いたかっただけです。本人は頭空っぽですよ。

 

さて、今年は能勢SR血統の、オオクワガタの産卵セットに苦戦しております。

今回は2ラインに分けて産卵セットを組んでみました。

・ライン

 Aライン:♂85.5mm × ♀50.9mm

 Bライン:♂83.3mm × ♀55.7mm

 ※近々Cラインも増設予定

 

Aラインはこれまで20個以上は採れておりますが、Bラインが空打ち(卵を産むスペースを作っていても卵が無い状態)など連発しております。

ツラ亻(´;ω;`)

理由は後述するとして、今回は我が家のオオクワガタの産卵セットについて説明していきますね。

調べれば、これでもかと言うくらい皆さんまとめてますので、私は細か〜くまとめていこうと思います。👍

長いので、要点だけ知りたい方は飛ばし飛ばし読んでくださいね。

皆さんもこのようにやってるよ〜など教えて頂けますと幸いです。

その前に宣伝失礼↓

それではまとめます。

 

1.オオクワガタの産卵材について

前置き

オオクワガタの産卵方法ですが、やり方を知れば産卵させる事は簡単です。

オオクワガタは基本的に朽ち木に産卵します。

ブリーダーさん達は「材」と呼んでますが、これは「産卵材」の略称だと思われます。

言葉は違えど、意味はほとんど同じです。

朽ち木と呼んでますが、ただ朽ちているのではダメで、キノコの菌で朽ちている木にしか産まないので注意してくださいね。

森で拾った朽ち木を使う場合は、その点に気をつけながら探してみましょう。私は森では拾いませんが…。私がやると不審者に思われそうだし。

私は産卵材は購入をおすすめします。

理由としては、森で拾った朽ち木は雑虫が多いです。

その中でもオオクワガタの天敵となるコメツキムシの幼虫なども紛れている可能性もあります。

せっかく産んだ卵もこやつらに食べられては困りますよね。

購入した産卵材は必ずしもいないとは言いきれませんが、比較的少ないし、良い材が多いので購入した方が良いかな〜、といった感じです。

では購入の際、どのような材を選んだほうが良いの〜?って方をいるかと思います。

 

産卵材の選び方

まず、オオクワガタの材は少し固めを選びます。

柔らかすぎても、硬すぎてもダメです。

柔らかすぎると、かじって遊んで(ボロボロにして)しまうし、硬すぎると材を削れません。

ではどれくらいの硬さが良いのかというと、材の断面に爪を入れて、爪の跡が残る位がベストです。だいたい爪が1~2mmくらい入るくらいですかね🤔

切り口は、芯が少なく、ザラザラした断面がベストです。

ツルツルしてると硬すぎですね(多分)。

私はそれに加えて、太さ7~8cm、長さ15~17cmの材を選んでいます。

f:id:neruro6:20230629075235j:image

↑こういった材がオススメです。

 

2.産卵セットの組み方

さて、材を選んだら次に産卵セットを組んで行きます。

産卵材の加水

まずは、産卵材を加水していきます。

購入した産卵材は乾いている事がほとんどですので、そのまま入れてもオオクワガタは産んでくれません。

産卵材の加水の仕方は人それぞれですが、いくつか紹介していきますね。

A.水に20分程漬ける方法

よく半日漬けて日陰干しなど聞きますが、正直20分もあれば中まで水が浸透しています。

20分漬けたら、少し水気を切ってから飼育ケースに入れます。

B.熱湯に20分程漬けた後、半日日陰干し

こちらは熱湯に漬けた場合ですが、目的は材の中にある雑虫を殺す為ですね。

材の中のバクテリアも死滅してしまいますが、産卵セットを組めばまたバクテリアが材に回るので問題無いかと思われます。私も熱湯で漬けてますが、問題なく卵を産んでくれますね。

f:id:neruro6:20230702165416j:image

↑産卵材を加水している写真です。

f:id:neruro6:20230702165421j:image

↑このままだと材か浮いてしまうので、押さえをします(見映え悪いですがご容赦ください)

産卵セットを組みます

産卵材を加水したら、いよいよ産卵セットを組んでいきます。

組み方も様々ですが、私の場合は、いわゆる材を転がして組みます。

まず、ケースの底に2~3cmマットを詰めます。

正直、詰め方は固めでも柔らかめでも良いと思います。私は固め、ラーメンの麺固めは美味しいですからね(諸説あり)。

そして、その上に材を置きます。

ここから、材の半分くらいまでマットを敷き詰める方がいますが、どっちでも大丈夫です。問題なく産みます。

野生のオオクワガタは立枯れの木の上から潜って卵を産む為、材を置くだけでも問題ないみたいです。

あと、マットで材を埋めない方が、材がカビにくい印象です。

ただ、マットで埋めると乾燥を防げますので、通気性の良い飼育ケースの場合は、マットで材の半分くらい埋める事をオススメします👍

 

さて、産卵セットを組んだら次にオオクワガタを投☆入 していきます!

 

3.オオクワガタの投入

産卵セットを組み終えたら、オオクワガタを投入していきますが、ペアリング(交尾)が済んだメスをお持ちであれば、メスのみを入れます。

もし、まだペアリングが済んでないよ〜って方は、オスとメスを両方入れて同居させましょう。

同居させた方は、材をかじってあるか確認して、かじっているようであればオスを取り出します。

オスを同居し続けると、メスの産卵の邪魔になってしまいます(最悪メス殺し、オス殺しなども有り得ます)。

1週間も同居していれば、大体ペアリングが済んでいますので、材をかじってなくてもオスを取り出しましょう。

 

あとは、1~2週間程置いて割り出し(材から卵や幼虫を取り出す作業)を行います。

もし、材をかじっていなければやり直しです…。

割り出し方については、また後日まとめますね。

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

要点をまとめると

 ・材は少し硬め

 ・購入した材は水に漬けてから使う

 ・同居はなるべく短めに(長くても1週間)

こんなところでしょうか。

また分からない点などございましたら、気軽にご質問いただければ、と思います。

 

ここまでなんと2500文字をゆうに超えるボリュームになっています…。

最後まで読んで頂いた方、感謝いたします!🙏

またレポートや飼育方法など、どんどんまとめていこうと思います!!

 

それではみなさん、良いクワカブライフを!

ではまた👋